Small Banner
看護師ドットコムQ&Aサイトにようこそ。ここではコミュニティメンバーに質問したり、回答を得ることができます。

【コラム】在宅療養における医療措置の意味と訪問看護師の役割とは

+2 評価

訪問看護のニーズは年々高まる傾向にありますが、特に最近では在宅での医療措置を必要とする療養者が急激に増加していると言われています。
その背景には、
 ・慢性疾患の増加
 ・治療方法や医療機器など医学の進歩
 ・入院期間の短縮(入院医療費抑制のため)
 ・療養者のQOLの向上
といったことが関係しています。
そのため最近では各種医療措置が在宅医療として健康保険の対象にもなっています。

【医療措置が必要な療養者に対する訪問看護の目的】

このように在宅医療が拡大化する中での訪問看護の目的は、在宅療養者とその家族が望んでいる自分らしい生活が送れるよう手助けをすることです。
そして同時に医療者の立場として、医療処置や医療機器の使用を必要とする人たちの生活を保障してあげることだと言えます。
つまり、在宅療養における医療措置は、病気を治すために行われるものではなく、療養者がQOLの高い生活が送れるようにするために行うものです。

とはいえ、実際の現場では医療器具の使用により行動や生活が制限されたり介護の手数が余計に増えることも少なくありません。
しかしそのような中でも訪問看護師のやるべき基本的なことは、問診や触診といったフィジカルアセスメントにより療養者の心身の状態を的確に把握し、それに基づいて適切な処置を提供することです。
また療養者や家族にとって医療措置による制限や負担が最小限になるようにし、医療措置を行いながらもその人らしい生活ができるように、また生活の質を高めていくためにはどうすればよいかを常に考えることも大切です。


【訪問看護師の役割】

訪問看護における看護師の役割は主に次のようなものです。

①安全の確保
医療機器や設備が十分に整っている病院でも医療事故の発生はゼロではありません。
在宅における医療措置では、医療措置の管理を行うのは療養者本人や家族であり、医療事故が起こる危険性は病院よりも高くなるのは言うまでもありません。
そのため看護師は病院以上に安全を確保することが重要になります。

②療養者や家族に対するインフォームドコンセント
病院に入院する場合、患者は治療目的で入院しており病院でのルールに従うことにも納得しています。
しかし在宅での医療措置は、治療目的ではなくその人らしい生活を送るために行われるものです。
訪問看護師はそれを理解したうえで、療養者とその家族に療養生活の仕方や医療措置の方法・時間などについて十分な説明を行う必要があります。
また選択肢や自己決定のための時間を十分に与え、最終的に療養者が選んだ方法がうまくいくように支援することが大切です。
訪問時間や処置に使用する物品など、全てにおいて訪問看護師は療養者と家族が納得したうえでそれをサポートしていくことが在宅看護の基本姿勢であると言えます。

③在宅支援チームとの連携
病院内でのチーム医療では、看護師がチームを組む相手の大半は医療職です。
しかし在宅療養では違います。
ホームヘルパーや社会福祉士などの福祉職のほか、医療機器メーカーの職員やボランティアなど多くの職種の人がチームの一員となります。
これらの人たちがみな、サービスを提供する事業者は療養者と家族の了解のもとで情報を共有し、一つの目標に向かってサービス提供を行っていくことが求められます。
職種が違えば価値観や考え方にも違いがあるでしょうし、医療専門用語が理解されないこともあると思います。
そのような中で看護師は強調しながらも、医療専門職として十分なフィジカルアセスメントを行い現状を把握したうえで、今後の変化を予測しながら看護を提供していくという看護師の専門性を発揮することが求められます。

④介護力のアセスメント・家族支援
在宅療養では、「介護者」という立場の人が介護をするわけではありません。
介護をするのは妻や母といった人たちであり、それぞれ介護者である以前に本来持っている役割分担があります。
ですから看護師は「家族は介護をする専門の人ではない」ということを頭に入れておくことが重要です。
しかし現実には必要な医療措置などの大半を担うのは家族であり、看護師としては介護力をアセスメントすることが求められます。
安全に介護や医療措置が行えているか、トラブルを発見できるか、医療措置や介護が家族にとって負担になっていないかなどを常に評価し、支援が必要と判断した場合には速やかに支援を行うことが求められます。
また訪問看護師の担う役割は様々で、医療措置の大半を訪問時に訪問看護師が行う場合もあれば、逆に大半を家族が行い訪問看護師はそれに助言をしたり見守る程度という場合もあります。
このような違いは療養者の症状や家族の介護状態によるため、いずれにしろ訪問看護師は柔軟に対応することが大切だと言えます。

⑤医療機器や衛生材料の管理
在宅療養においては、必要となる医療機器や衛生材料が常に良好な状態でなくてはなりません。
医療機器が故障していたり衛生材料が足りないと死に直結するトラブルを招くことになります。
そのため訪問看護師は常に医療材料の補給や管理・点検を行い、不足しているところは補う必要があります。

質問 Jul 16, 2016 公開 提案 事務局 (5,140 ポイント)
編集 Aug 10, 2016 事務局

ログインまたはユーザー登録してから回答してください。

...