Small Banner
看護師ドットコムQ&Aサイトにようこそ。ここではコミュニティメンバーに質問したり、回答を得ることができます。

【コラム】訪問看護師の役割

+2 評価


訪問看護は施設内治療とは大きく異なります。
現在は人口の高齢化や生活習慣病の増加、入院期間の短縮などにより、病気や症状を抱えたまま退院せざるを得ない人々が増加しています。

それを補う方法のひとつとしても、訪問看護の必要性は徐々に増加しています。
訪問看護においては、療養者とその家族の「生活の場」に関わることで信頼関係を築き、看護技術の提供だけではなく、自宅における療養生活の充実を図ることも大きな役割のひとつです。

そうして療養者は家庭内や地域社会での役割を担いながら同時に医療を受けつつ、セルフケアを意識することも出来ます。
同時に保険、医療、福祉関係者の協力をもとに、療養者と家族のモチベーションを落とすことなく、さらに強めていく。
万一、療養者が例え重度になったとしても、住み慣れた地域で家族とともに最期まで安心して看護を受けられるのです。
そのためには、住まい、医療、看護、予防、生活支援が一体化する、「地域包括ケアシステム」の構築が欠かせないとも言えるでしょう。

とはいえ、入院加療後の退院、施設からの退所による移行期における療養生活は、たとえ住み慣れた自宅であっても生活環境が大きく変化し、本人だけではなく家族にも心身ともに多くの負担や課題をもたらします。
そういった不安を取り除くためにも、療養上の問題、家族の介護力、生活のサポートをするそれぞれの関係者の協力を受けながら在宅での生活を維持していくことの意義は大変大きいと思います。

在宅看護の究極の目的とは、療養者の自立を阻害する健康問題を追及し、理解した上で療養者も自身の状態を理解し、自らも必要なセルフケアを行いその人らしく社会生活を維持できるように情報提供を行い、療養者自身が自己決定できるようになることです。

ただし、看護のためにと不必要に相手のプライバシーに踏み込まない、それは看護の上での信頼関係を構築するための大きな重要なマナーでもあると言えるでしょう。

質問 Jun 12, 2016 公開 提案 事務局 (5,140 ポイント)

ログインまたはユーザー登録してから回答してください。

...