Small Banner
看護師ドットコムQ&Aサイトにようこそ。ここではコミュニティメンバーに質問したり、回答を得ることができます。

【コラム】訪問看護ステーションにおける管理者の役割とは?

0 評価

訪問看護ステーションは法人などが経営母体となっていますが、実際に運営をしていくのは管理者です。
では、訪問看護ステーションにおいて、管理者にはどのような役割が求められるのでしょうか?

【管理者の役割】
ステーションにおいて管理者は責任者として次のような役割を担っています。
・経営や運営の責任者
・訪問看護サービス提供の責任者
・PR活動の推進者
・職場づくりの責任者
・人材育成の責任者
・上部組織への広報活動の推進者
このようにステーションの管理者は、ステーションの経営や運営以外にも人材育成や職場づくりなど実に幅広い役割を担っています。

これらの役割は全く関係がないようにも見えますが、実はそれぞれ密接に関係しています。
例えば提供する看護サービスの質を向上することは事業収入の増加に直結しますし、事業収入を増やすためには積極的なPR活動を行って利用者を獲得する必要があります。
また質の高い看護サービスを提供するためには、職員の教育を充実させることが必要となります。

【管理者の役割でもっとも重要なことは?】
中でも一番重要なことは、「経営や運営の責任者」としての役割です。
そしてこの役割は「訪問看護差^ビス提供の責任者」という役割と密接な関係があり、この2つの役割を果たすことでステーションの経営は必ずプラスに転じていくと言っても過言ではありません。
言ってみれば、「ステーションの経営や運営」と「訪問看護サービスの提供」は同一線上にあり、訪問看護サービスの質が事業収入にそのまま反映されるということです。
さらにその訪問看護サービスを提供する看護師などの職員を効率的に動かせるかどうかが事業収入アップのカギを握っていると言えます。

【まずはサービス内容を確認しよう】
しかし大事に捉える必要は全くありません。
まずは利用者の状態に合わせた訪問看護が提供できているか、職員と利用者に無理や負担が生じていないか、適切な時間でサービスが提供できているか、といった点を確認することから始めましょう。
確認は記録や訪問看護実施後の報告書・連絡・相談内容によって行うことができます。

このようにステーションにおいて管理者には多くの役割があります。
ステーションの質を向上させ順調に経営が行えるかは、管理者がこれらの役割をきちんとこなせるかどうかにかかっていると言えるでしょう。

質問 Jun 3, 2016 公開 提案 事務局 (5,140 ポイント)

ログインまたはユーザー登録してから回答してください。

...