Small Banner
看護師ドットコムQ&Aサイトにようこそ。ここではコミュニティメンバーに質問したり、回答を得ることができます。

【コラム】なかなか定着しない訪問看護師、定着率を高めるには?

0 評価

訪問看護ステーションの抱える大きな課題の一つに「職員の定着」があります。
新しい事業所は年々増加していますが、そこで働く十分な数の訪問看護師が確保できない、もしくはせっかく確保できてもなかなk定着しないという悩みはどこの事業所でもあるようです。
せっかく訪問看護師を確保しても、定着してくれなければ事業所は成り立ちません。
では訪問看護師の定着率を高めるためにはどのような努力をする必要があるのでしょうか?

【まずは今いる訪問看護師を大切にしよう】
訪問看護師を確保しようと、新しい訪問看護師を躍起になって採用している事業所も少なくありませんが、まずはそれ以上に今いる訪問看護師を大切にするということが、定着率を高めるためには欠かすことができません。
訪問看護師の仕事は基本的に「1人で行う」ものであり、そこにやりがいを感じている人がいる反面、それがプレッシャーとなる人もいます。
そのためせっかく訪問看護師になっても辞めてしまう、という人も少なくないのです。
ですからこうしたプレッシャーを訪問看護ステーション全体で少しでも緩和してあげることで、訪問看護師の定着率はグッと上がります。

【訪問看護師のプレッシャーを和らげるには?】
訪問看護師が感じているプレッシャーを緩和するためには、次のようなことが大切です。
①日常的な報告や連絡、相談はこまめに行う
②困難な事例に関しては検討会や研修会を行う
③食事会などを行い人間関係を円滑に保つ
職員同士でのコミュニケーションを高めることができます。
④臨床心理士による定期的なカウンセリングが行えるようにする
看護師の抱える精神的な負担を軽減することができます。
⑤管理者から職員への感謝を伝える
例えば1年に1度、管理者から職員へ感謝の手紙を書くなど、定期的に管理者から感謝の気持ちを伝えます。
⑥家族を含めたレクリエーションを企画する
⑦気軽に休暇をとれるような体制にする
⑧子育て中の訪問看護師に対しては事業所全体で温かく見守っていく

これらのポイントに気をつけることで、訪問看護師は長く働いてくれるようになるはずです。

 

質問 May 25, 2016 公開 提案 事務局 (5,140 ポイント)

ログインまたはユーザー登録してから回答してください。

...