Small Banner
看護師ドットコムQ&Aサイトにようこそ。ここではコミュニティメンバーに質問したり、回答を得ることができます。

【コラム】訪問看護師の転職、年収をあげるためのポイントは?

0 評価

訪問看護師の転職では、「年収を上げたい!」という人はかなりたくさんいます。
これはどんな仕事でも同じですが、同じ仕事をやるのであれば少しでも高い給料をもらいたいと思うものです。
訪問看護師は日勤の仕事の中でもかなり高収入が期待できる仕事ですが、さらに年収を上げるためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

【インセンティブを確認しよう】
訪問看護師の仕事で年収をあげるうえで最も重要なポイントは「インセンティブがどうなっているか」ということです。
訪問看護ステーションの収益というのは、訪問看護師が利用者の自宅に訪問してサービスを提供することによってもたらされます。
利用者の自宅を訪問すると、その度に「訪問手当」という手当が付きます。
これが「インセンティブ」にあたります。
訪問手当の金額は、1万円〜10万円くらいまでとかなり幅広く、どれだけ勤務先(事業所)が利益を還元してくれているかによって変わってきます。
つまり訪問手当の金額によって、勤務先の事業所に利益が出ているかどうかということや、どれだけ従業員に還元してくれようとしているのかが分かると言えます。

ですから、求人を探す際にはあらかじめ求人票で訪問手当の有無をチェックし、面接時にはその仕組みを確認することも大切です。
1件当たりでみると大した金額ではないかも知れませんが、年収でみると100万円以上も違ってくる場合もあるため、慎重にチェックしましょう。

【オンコールを確認しよう】
年収を上げるうえでもう一つ重要なポイントが「オンコールがどうなっているか」ということです。
オンコールがある場合は、これも手当がついてきます。
1日当たり数千円ですが、年収にすると10万円〜20万円の差が出てきますから大きいですよね。
オンコールはないところもあるほか、全て所長が対応するというところもあるため、これも求人票や面接でしっかりとチェックしておくことが大切です。

質問 Feb 27, 2016 公開 提案 事務局 (5,140 ポイント)

ログインまたはユーザー登録してから回答してください。

...