Small Banner
看護師ドットコムQ&Aサイトにようこそ。ここではコミュニティメンバーに質問したり、回答を得ることができます。

【コラム】訪問看護師の求人、注意点は?

0 評価

訪問看護ステーションの数も増大しているため、それに比例するように訪問看護師の求人も増えています。
しかし訪問看護師の求人では注意点もあります。
それはどのようなものなのでしょうか?

【オンコール体制】
訪問看護師の求人で最も多い注意点として「オンコール体制がどうなっているのか」があります。
オンコールや呼び出しの有無、またオンコールがある場合はひと月にどのくらい担当するのか、といった点は、訪問看護師として働き始めた後に戸惑うことが多いようです。
ですから求人票のほか面接時にもきちんと確認することが大切です。
オンコールを全くしたくない、できない場合は、初めにそれを伝えることも重要です。

【年間休日日数】
年間休日日数もきちんと確認することが大切です。
最近では年間110日以上の休日が確保されているところが多いようですが、多いところでは年間120日以上、少ないところでは年間96日前後とかなり開きがあります。
年間30日以上も違いがあるということは、言い換えれば1年間のうち丸々1か月多く働いている可能性があるということです。

【訪問手当】
訪問看護師には「訪問手当」という手当がつきます。
これは訪問看護師特有の部分であり、1件当たりいくらという形で訪問手当がつく事業所もあります。
こういった事業所は給料もその分高くなる傾向があります。

訪問手当は月に数万円、多いところでは10万円もつくため夜勤手当以上になります。

【パート勤務の給与形態】
パートで訪問看護師として勤務する場合、事業所によっては「時給○○円」というところと「1件当たり○○円」というところとがあります。
具体的には「時給1500円」のところと「1件3000〜4000円」のところがあるという感じでしょうか。
訪問看護は1件当たり大体1時間の訪問ですから、それを考えると1件当たりいくらと設定されているほうが高く感じます。
しかしここには通勤時間や交通費、カルテ記入などすべてが含まれているということを忘れてはいけません。
ですから、近場であったり仕事が早く2時間未満で済んだときには「1件当たりいくら」というほうが当然割はよくなります。
しかし2時間以上かかる場合は、時給に換算すると時給制よりも安くなってしまいます。

訪問看護の求人ではこのような注意点がありますが、看護師転職支援サイトを活用すれば注意点を確認しながらしっかりと情報収集をすることができます。

質問 Feb 27, 2016 公開 提案 事務局 (5,140 ポイント)

ログインまたはユーザー登録してから回答してください。

...